監護権・監護者とは

監護権・監護者とは、未成年の子の身の回りの世話をしたり、しつけや教育をしたりする権利のことあるいはその権利を持っている者。監護とは、おもに子供の身体に関する監督・保護・育成を指し、子供の生活全般を世話したり、身体と教育の責任を負うことです。

近年、離婚率の上昇とともに子供の親権・監護権に関する話題も度々、メディアに登場するようになりました。親権・監護権をどちらの親が持つのかということで調停が数多く行われています。現状は離婚した夫婦の母が親権・監護権を持つことが多く、約9割が母が両方の権利をしています。

なお、親権と監護権の違いは、親権が未成年の法的問題の代理、財産管理権を対象としているのに対して、監護権は子供の生活全般を世話したり、身体と教育の責任を負うこととなっています。ちなみに監護権は、両親ではなく第3者を指定することができます。

法律上は親権と監護権が別々にありますが、現実では両方をどちらかの親が持つというケースがほとんどです。