面接交渉権とは

面接交渉権とは、離婚や別居などが原因で親が子供に会えないとき、子どもに面会したり一緒に時間を過ごしたりする権利のことを指しています。面接交渉権そのものは、民法などの条文に明記された権利ではありませんが、判例や家庭裁判所の実務でも認められている権利です。

ただし、面接交渉が認められる優先的な基準は親ではなく、子どもの利益・福祉です。例えば、親が子どもに会うことで子どもに悪影響があるような場合などは、権利が認められていても、面接交渉権の利用は限定されます。

なお、面接交渉権を持つ親が子どもに対して面会することについて何らかの異議がある場合は、親権者・監護者が家庭裁判所へ申し立てを行うことができます。※協議・調停を行った後、面接交渉権の制限・停止が認められる場合があります。

面接交渉権については、親に認められるべき権利でありますが、あくまで子どもが優先基準でありますので、まずは子どものことを考えるべき権利だと言えます。