人間関係とストレス

良好な人間関係を形成できないとき、人は大きなストレスを抱えることが少なくありません。人間関係とは、結局のところ「コミュニケーション」であり、恋愛中の彼氏と上手くいかず元気が出ない・・・、職場で上司と折り合いがつかず業務に支障が出る・・・など人間関係にはストレスはつきものであると言っても過言ではないでしょう。

人間関係でストレスを感じる理由・状況は人により異なりますし、人間関係のストレス解消に万能薬的な答えを探し求めるのは難しいでしょう。

しかし、人間関係でストレスを感じ続けることを放置しておくことは決して良いことではなく、場合によっては「心の病」を患うことに発展しかねませんので、何らかの対応策を考える価値はあると思います。

では、どう対処すべきでしょうか?

前述の通り、万能薬はありません。もしあなたがすでに大きなストレスを感じて、ひどく心を痛めているのであれば、医療機関あるいはカウンセリングを受けることをオススメします。

そうでない場合は、まず、できるかぎり客観的に視野を持つことが大事でしょう。友人に相談するのも一つの方法ですし、ノートにストレスとなっていることを考えつく限り書き出すのも一つの方法です。とにかく、今、自分に起こっていることを客観的に見つめることに注力します。これを行うだけでも価値がありますが、それだけで複雑な人間関係とストレスを解消するのには力不足です。

次に、打開策や改善の方法があるかどうかをあらゆる角度から検討します。話し合いを持てるか?自分に何か修正点はないか?相手に指摘できる点はあるか?などなど。もし、何かアイデアが浮かべば、速やかにやさしく実行しましょう。そうすれば、自然と道は開けるでしょう。

しかし、現実的には人間関係でストレスを感じている人は上のステップぐらいまでは辿りついていることでしょう。人間はだれでも話し合えば分かるなんていうことは残念ながら理想郷であり、現実にはコミュニケーションが上手くいかないことの方が可能性は高いと言わざるを得ません。

そして最終手段は、とにかく「現実を受け止める」ことです。現実を受け止めるということは、現状を基準として、感情をコントールすることにつきます。あなたは極めて冷静に振舞う必要があります。現状が現実であり、決して感情的にならずに、現実を認識します。

もちろん、万に一つ改善のチャンスがめぐってきた時にはそのチャンスに挑戦することは価値があります。もし失敗しても、現状より悪くなることはないでしょうから・・・。