人間関係と失恋・離婚

人は恋をして、最高にハッピーな気持ちになることもあれば、失恋をして失意のどん底に落ちたような気分になることがあります。恋は人の心を激しく揺さぶり、ときに正常な感情のコントロール機能さえ奪うときがあります。

物語に始まりがあり、そして終わりがあるように、恋に破れたり、自分から恋に終わりを打つことは、偶然であり必然であるのかもしれません。中には、初めて恋をした相手と結婚し、人生の最後まで、一人の人だけを愛することができる幸せな人もいるかもしれませんが、そうした人も命に限りがあるという意味ではいつか終わりを迎えます。

恋の終わりである失恋や、愛の終焉である離婚は、大変辛く、それを乗り切るには大変なパワーを必要とすることも多いでしょう。号泣することで乗り切る人もいれば、仕事に夢中になって忘れようとする人もいたり、その解決方法は様々です。

そして、そうした経験は一時的には心に深い傷を負わせることもありますが、一方ではときに人間としての深み・ 魅力を輝かせることがあります。

なぜなら、人はそうした経験を積み重ね、もっと言えばその中で培われた人間関係の中に自分の本当の姿や本質を見つけることができるからです。人間は、嬉しいときや悲しいときなど感情が表面化するときに本当の姿、そして人間性を垣間見ることができます。

そうした自分の本質的な部分や人間性を見つめ直し、意識することは、それまで客観視できなかった自分の本質に気づくことができることを意味し、そうした経験が後の自分の価値観、人間性に影響を与えることがあることを意味しています。

人間関係と失恋・離婚は、大変つらいものである一方、謙虚さと前向きな気持ちを持った人にとっては、貴重な経験・きっかけになるものであると言えます。