人間関係と好かれる人・嫌われる人

人は、他人に嫌われるよりも好かれる方を望むでしょう。しかしながら、もともと異なった価値観を持った人間同士が集まるところでは、どうしても好き・嫌いが生じてきます。

職場や家族間のような関係では、嫌いだからという理由で人間関係を無視あるいは、軽視するわけにはいきませんから、ストレスになったり、悩みになったりすることもしばしばあります。ただし、恋愛、結婚、学校などでは好きな人や気の合う人を選んで付き合えばいい分、"ラク"な面があります。

では、そうした様々な人間関係において、好かれる人・嫌われる人、また好かれる理由・嫌われる理由は何でしょうか?その答えは簡単ではありません。何しろ人間関係が存在する数だけ、そこには理由が存在し、問題があり、そして解決できない場合も少なくないからです。

また、人間関係は固定されたものではなく、まるで生き物のように流動的で、先日まで仲の悪かった二人が、最近では仲良くなり、また、その来月には仲違い・・・などといった例は決して珍しくありません。

しかし、世の中にはそうした流動的な人間関係において、良好な関係を築く人も存在します。(万人に受けがいいというわけではなく、人付き合いが上手とか人望が厚いといった意味です)

そうした人たちにも様々なタイプの人たちが存在しますが、特徴としては以下のような点が挙げられます。

○柔軟性がある
○聞き上手である
○正直である
○気が利く
○笑い・ユーモアのセンスがある
○頭の回転が早い
○愛情が深い

これらを全て持った人はそうそうお目にかかれませんが、実際にこれらのいくつかを特性を備えた人は人間関係を上手に築ける人ではないでしょうか。

そして、そうした特性の中でも特に「聞き上手である」ことは特に重要であるかもしれません。人は誰でも話を聞いて欲しいものです。そしてその話に対して適切なリアクションを取ることができれば、人間関係は案外シンプルなものに変わります。

人間関係に悩んだときは、謙虚さと他人に対するやさしさの心を思い出して、まずは相手の話を「聞く」ことが人間関係をスムーズにする第一歩となるかもしれません。