人間関係と軽さ・簡潔さ

大勢の人間と良好な人間関係を築くことが難しいことが多いというのは、ほとんどの人が実感していると思います。少人数であれば、一人一人に対して割けるコミュニケーションの時間も多くなり、程度の差はあっても人間関係を深めることは可能です。しかしながら、大勢の人間がいる職場や学校などでは、とてもそんなことはできません。

そこで、一人でも多くの人と良好ではないせよ人間関係を形成するには、短い言葉を掛けるといった心がけと根気が必要になるでしょう。人はもともと面倒くさいことが苦手という人が多く、普段からあまり関係のない人には言葉を掛けたりすることがついつい億劫になり、そのまま疎遠になってしまうというパターンに陥りがちです。

ですから、挨拶はもちろんそれに加え、短くて分かり易い言葉を不定期に掛けてあげることで、そうした現状を改善あるいは、変えることができるかもしれません。

では、どういった言葉を掛けてあげるのがいいのでしょうか?

【変化に気づく】

例えば、髪型を変えた、メガネを変えた、ネクタイを変えたなど男性、女性関わらず、変化に気がついた時には、さりげなく声を掛けてみましょう。人は変化に気づいてくれる人には好意的な反応を示す傾向にありますので、有効な一つの方法でしょう。仮にそうでなかった場合つまり、変化がなかったとしても、「なんだかいつもとは違った印象に見えたので・・・」と補足すれば、相手も悪い気はしないでしょう。

【顔色、表情を見る】

目は口ほどにモノを言うといったことわざがありますが、例えば「目」を注視するだけでも相手からは何らかの状況を察知することが可能な場合があります。また、肌の調子が悪い、唇が乾燥しているなどといった場合は何か心配事があったり、緊張やストレスを感じていることが分かることがあります。そうした時には「元気なさそうだけど、大丈夫?」などといった言葉を掛けてあげることができるでしょう。

【まとめ】

それほど関係がない人であっても、「声を掛けてあげる」ことは人間関係においてとても重要なことで、特に時間を掛けない簡潔さや軽さをもった言葉はときに大きなきっかけになることもありえます。心がけひとつで人間関係も幅が広がるかもしれません。