人間関係と年齢差・世代ギャップ

人間関係において、ときに大きな影響を与えることがあるのが年齢差・世代ギャップです。彼氏と彼女、上司と部下、先生と生徒など立場・境遇と年齢差・世代ギャップは人間関係を形成する際に、ときにプラスにもマイナスにもなります。

上司と部下の場合、立場上は上司の方が上に位置する一方、年齢では部下の方が上という状況は実社会においてよくあることです。またそれと同じようなことが、先生と生徒という人間関係においてもあるでしょう。もちろん、その逆の関係もよくあります。

そうした立場・境遇の違いと年齢差・世代ギャップが人間関係の形成時に影響を与えるのは、多くの場合、感情的なものが原因で、例えば上の例で言えば、「年下のクセに私に命令なんかして・・・」「年上のクセに大人げない・・・」などといったものです。逆に「年下かと思っていたけど、デキル人だ・・・」「年上だけあって経験もあるし、説得力があるなぁ・・・」といった場合もあるでしょう。

そうした例はあくまで参考ですが、人間関係の形成時における年齢差・世代ギャップはそうした「感情」を起すことはあるのは否めないでしょう。

しかしながら、そうした感情に意味があるかどうかは考えてみる価値はあります。例えば、職場、教育、恋愛、結婚などで人間関係を形成する場合、年齢差や世代ギャップを意識し、感情的になるのは本質的でないことがあるからです。

例えば、上の例で言えば、ある達成すべき業務を遂行するのに年齢はそれほど重要な要素ではありませんし、また、満たされた結婚生活を送るために世代ギャップがそれほど障害となる必要はあるでしょうか?

また、一方でそうした感情が刺激となり関係が深くなったり、また人によっては年齢差があることで感情がいい方向にコントロールされることもあります。このような場合は人間関係形成時における年齢差・世代ギャップはプラスに作用していると言えるでしょう。

人間ですから、誰もが常に感情をうまくコントロールできるとは限りません。しかし、人間関係形成時において、年齢差・世代ギャップを意識しすぎて、感情的になりすぎるのは決して本質的でないこともあります。相手に敬意を払い、本来の目的を見失わないことが肝要であると考えられます。