タテ社会と人間関係

日本は歴史的背景や宗教的な理由により、しばしばタテ社会であると形容されます。こうした表現はほとんどの場合、正しいでしょうし、恐らく多くの人が実感していることだと思います。

タテ社会がイヤダ・・・と言っても、あなたが日本人で日本に住み続けるのであれば、多かれ少なかれその影響を受けざるを得ないでしょう。ちなみに、お隣の韓国はもっと厳しいタテ社会であるとも言われています。

天才は自分に社会をあわせ、凡人は社会に自分をあわせると言われますが、天才というのは希少性があるから天才であるわけでして、ほとんどの人が天才ではないわけですから、大多数は凡人であり社会に自分をあわせていることでしょう。

凡人であることは決して恥ずべきことではありませんし、孤高の天才よりも社会性をもった凡人の方がある意味では人間らしいとも言えるわけですから、そういう意味ではタテ社会に反発するよりも、うまく対応し渡世する凡人の方が魅力的な人間である場合も少なくないでしょう。

お金や名誉などはどうせ墓までは持っていけません。それよりもタテ社会に馴染む凡人ならではの生き方を模索すればいいわけです。

タテ社会と人間関係については、それほど深刻に捉える必要もなければ、考える必要もないでしょう。シンプルに馴染めるように自分をコントロールした方が賢明ではないでしょうか。