人間関係の難しさ

人間関係を形成する際に、人間関係の難しさを理解しておくことは大変重要なことです。また、人間関係における難しさを折を見て認識しなおすことは翻って、自分を見つめなおすことにもなりますので有効です。

そこで、ここでは人間関係の難しさを認識するために、チェエク用にまとめておきたいと思います。

【相手に対する敬意を払い、相手の話に耳を傾けているか?】

人間関係を形成するのに最も重要なツールである会話。様々な価値観を持ち、育ってきた背景が異なる人と会話をするにあたって、あなたは相手に対する敬意を払うことは忘れてはいけません。親しき仲にも礼儀ありといいますが、相手に対して最低限の敬意を払い、相手の話に耳を傾けることはコミュニケーションの基本です。

【客観的な視点はあるか?】

人間関係で何かトラブルや揉め事があるとき、人は感情に打ち負かされ、客観的な視点をついつい失いがちになってしまいます。そんな時は、冷静になって客観的な視点を取り入れる努力をしましょう。

【変化を受け入れる準備はできているか?】

人間関係は流動的なものです。関係する人間が多くなればなるほど、その構成要素が増えるわけですから、なおさらその変化は大きなものになります。あなたが悩んでいる人間関係も近いうちに解消されるかもしれません。その時を想定して、心の準備や気持ちの整理をしておきましょう。

【難しさを複雑にしていないか?】

逆説的になりますが人間関係は難しく考えすぎると、さらに難しくなってしまうときがあります。シンプルに考えてみることが人間関係の形成や改善に関するアイデアを生むことがあります。

【対象を広げすぎていないか?】

様々な人の利害関係や調整を行うとすると、かえって人間関係がこじれてしまい収拾がつかなくなるときがあります。そんな時はできるだけ対象となる人物を絞り込んで対処していくことも一つの方法です。