社内不倫・浮気と人間関係

不倫や浮気は様々な状況下で起こりうるものですが、同じ会社内での社内不倫や浮気は特に起こりやすい傾向にあります。同じ時間を共有したり、お互いの人間性を理解する機会が多いなど、不倫や浮気に発展する可能性に満ちている環境と言えるかもしれません。

社内不倫・浮気における人間関係は、社外不倫・浮気(こういう言葉が適切かどうかは分かりませんが、ここでは対比するために使用します)に比べて、いっそう複雑になる傾向にあります。それは仕事上の利害関係や、あるいは妻などの家族と顔を会わせる可能性が高いといったことが挙げられるでしょう。もちろん、社内でその事実が発覚すれば、社内不倫・浮気をしている双方にとっては大きなダメージになるでしょう。また、その結末がどんなものであれ、後々の人間関係に支障をきたす可能性も少なくありません。

しかし、そうしたリスクを分かっていながらも、人は社内不倫や浮気の誘惑に打ち負かされ、そして複雑でナーバスな人間関係に悩まされています。

偶然であれ、必然であれ社内不倫や浮気には上に挙げたようなリスクがあり、ナーバスな人間関係に悩まされる可能性が高いわけですから、もしあなたがそうした誘惑に駆られているなら、極めて冷静になる必要もありますし、そうしたリスクを決して楽観的に考えてはいけません。

また、現在すでに社内不倫や浮気をしている人は今一度、自分が行っている行動に対して、リスクや今後の社内における人間関係についてよく考えてみる必要があるでしょう。

いずれにしろ、社内不倫・浮気はリスクが高い上に、人間関係に重大な支障をきたす可能性が高いということを強く認識する必要があります。