不倫・浮気の願望について

不倫と浮気の願望は、実際に不倫や浮気をしていない人でも持っている人が多い願望かもしれません。もちろん、そうした願望を全く持っていない人も大勢いるでしょう。

しかし、現代のように様々な誘惑が溢れ、また携帯電話などの情報伝達ツールが高度に発展した時代においては、魔力のような強い誘惑性を持っている不倫や浮気に対して願望を持つなという方が難しいかもしれません。(現代に限らず、昔から不倫・浮気の誘惑は多かった思いますが・・・)

だからと言って、不倫や浮気を肯定することは現代の倫理観では許されるべきものではありませんし、実際に行動に出ることは後々、様々なトラブルを引き起こすことになってしまうでしょう。

では、不倫や浮気の願望は悪でしょうか?

必ずしもそうではないでしょう。先述の通り、不倫や浮気願望を抱いてしまうことは決して珍しいことではありませんし、感情ある人間であれば、ある意味では致し方ないことです。

実際に、行動に出ることはもちろんいけませんが、そうした願望を抱いてしまうことに必要以上にナーバスになることはかえって神経をすり減らし、フラストレーションを溜め込んでしまうことにもなりかねません。

不倫や浮気願望を持つことへの罪悪感は必要以上に感じる必要はないと思います。

では、フラストレーションが溜まりすぎている場合はどうでしょうか?

状況や願望の程度によりますが、今一度、冷静になってみる必要があるでしょう。不倫や浮気は大変なリスクをはらんでいます。そして、本来愛すべき関係にいる人のことを自分がどう思っているか、もう一度考えて見ましょう。

不倫や浮気の誘惑に負けることは、それほど難しいことではないでしょう。願望を抑え、それを乗り越える方法を模索し、願望を解消することができれば、そのときはきっと乗り越えられた自分に感謝するはずです。