不倫・浮気とインターネット

不倫・浮気はテレビや雑誌などで話題になることが多いですが、インターネット上でも様々な視点から話題になっています。芸能人・著名人の不倫・浮気情報、不倫や浮気を煽るような出会い系サイト、あるいは自分の不倫や浮気をブログに綴る一般人まで・・・、情報の信憑性はともかく情報量の多さは驚異的と言えます。

さて、本題の不倫・浮気とインターネットですが、インターネットの普及とともに様々な問題が出現してきていますので、参考にして頂ければと思います。

【不倫・浮気とブログ】

匿名であることをいいことに、ブログを通じて、自分の不倫・浮気の体験を明らかにする人がいます。秘密の恋愛であるために、身近な人には話せないこともブログなどに書いているというわけですが、リスクは非常に高いと認識する必要があります。実際に、履歴参照などから書き込み者を特定されて、離婚訴訟に発展したなどということが起こり始めています。インターネットに記載した情報は自ら証拠を残しているようなものですから、自業自得といえばそうですが、十分に注意する必要があると言えます。

【不倫・浮気とSNS/ソーシャルネットワーキングサービス】

MixiやGreeに代表されるSNSと呼ばれる会員制サイトが近年、話題となっています。こうしたサイトは、匿名性はあるものの、書き込み者がブログなどよりもさらに特定されやすいので、かなりの注意が必要です。

【不倫・浮気と出会い系サイト】

一時の流行は過ぎましたが、今なお根強い出会い系サイト。不倫や浮気をテーマにした出会い系サイトも数多く存在しています。こうしたサイトの中には、行き過ぎた高額の請求などを行うようなサイトがあるので、細心の注意と自己責任を重く考える必要があります。

【不倫・浮気とインターネットのまとめ】

上に挙げた3つは代表的なものですが、そのほかにもメール、RSS、掲示板などその他にも様々なものがあります。もちろん、その全てが悪いというわけではありませんし、中には有用性の高いウェブサイト・ツールも多数存在しています。しかし、インターネットは善悪が混合しているというのも事実ですから、個人間の情報伝達ツールとしてインターネットを利用するには、細心の注意とそして自己責任、自制心を強く持つ必要があると言えます。